【車好き必見!】ハリウッド映画史上、最もイケてる自動車トップ3

車好きの方ならお分かりかと思いますが、車に関しては、ジェームス・ボンドも、カジノも、オーシャンズ11もハリウッドは決して期待を裏切りませんよね!?ハリウッドは世界で最も優れ、最も創意に富んだ映画を作り出し、想像される通り、それと同時に最も魅力的な車両も作り出しているのです。特に、アクション、ギャンブル、そしてフォードvsフェラーリなどのスポーツ映画の中では、偉大な車両が何台も躍動する様子を見ることができます。

車は歴史的作品の数々で、スタント、スタイル、そしてタイムトラベルを見せるため、そして単純に動き回るために活用されているのです。そこで本稿では、ハリウッド映画の中で最も有名な自動車を見ていきたいと思います。以下にご紹介する車は、何年もの間、主な映画やシリーズに登場してきたものばかりです。では早速、チェックしていきましょう!

・フォード ファルコン・フューチュラ コンバーチブル(1963年式)

この1963年式フォード ファルコンは毎日趣味で運転するような車で、お手ごろな価格であるとともに、運転するのもエキサイティングです。しかも、お洒落でヴィンテージ感もあり、燃費の良い6気筒エンジンは経済的でもあるんです。決して完璧ではありませんが、個性的な車といえるでしょう。

ブラッド・ピットが『オーシャンズ11』の最後で、これと同じ車を運転していたのを覚えている人も多いかもしれません。シンプルでわかりやすく、人受けが良くて、収集の取っ掛かりとしては最高のチョイスでしょう。メンテナンスにあまり手がかからず、ちょっと目立って、運転を楽しめるものをお探しの方にはピッタリの車です。オリジナルの色合いのため、年季の入ったMウィンブルドン ホワイトのペイントのコードは素晴らしく、時代遅れにもなりませんよ。

・メルセデスベンツ450SL(1975年式)

スコセッシ監督による名作映画『カジノ』は、ギャングのサム・“エース” ・ロススティーンが1970年代のラスベガスでタンジールホテルを変えていくにもかかわらず、欲深い仲間たちや毒のあるガールフレンドのジンジャー(シャロン・ストーン)と衝突することになるというストーリーです。

ロススティーンがジンジャーに豪華なメルセデス450SLまで何でも与えてしまうことが破滅につながることに…。彼女は彼を殺そうとしたり、ジョー・ペシとオーラルセックスをしたりと、恩を仇で返そうとするのでした…。同作を観ていると、人生は残酷なものだなとつい思ってしまいます。

・メルセデスベンツSL 500(2003年式)

 

こちらはSLシリーズに折りたたみ式のハードトップが加わったモデルです。心臓部にはV-8とV-12があるこのSLは、クーペからロードスターへと16秒で変身できます。AMGモデル(最初はSL 55 AMG、続いて驚異的な612馬力のSL 65 AMG)はかなりの車ファンを夢中にさせました。ちなみに、R 230 SLはマシュー・マコノヒーとレネ・ルッソの映画『トゥー・フォー・ザ・マネー』(2005)の中で登場します。

SL500のスポーツパッケージには、SL55のアピアランス(18インチAMGホイール、ハイパフォーマンスタイヤ、ローダウン)が付け加えられたほか、パークトロニック(電子駐車支援)、ダブルキセノンヘッドライト、そして腰マッサージ用のベンチレーテッドシートまで装備されています。注目に値する装備としては、他にも「ディストロニック」クルーズコントロール(高速道路で自車と前車の距離を自動的に維持する)や、クレジットカードのようなデバイスで、従来のキーを使わずに車両へのアクセスや操作を行う「キーレスゴー 」などがありますよ。